ビジネス理論の情報

ビジネスメールの扱い方 

ビジネスメールにはさまざまなものがあるといえます。相手に応じて書き方を変えるのも必要になるといえます。ビジネスでは返信メールは遅れないようタイムリーに返信します。また海外とのやりとりは現地時間を考慮して実施することです。例えば欧州スウエーデンとのやりとりなどは日本時間で夕刻までに送信すれば日本時間のその日の21時ころまでに返信をもらえることもあります。そうすればその日のうちに再度送信が可能です。時間差を有効に利用することで効率をあげることができるのです。海外とのやりとりは時間差を考慮することが大事なこととなります。

ビジネスにおけるメールについて 

インターネットが普及している中、今や電話だけではなくメールもビジネスにおいて正式な連絡手段となっています。文章として残りますから用件を見直すのにも適しています。しかし会話ではないため、要件を正確に伝えるにはそれなりに注意が必要です。要点がまとまっているか、一番伝えたい事はなんであるのか等気をつけないといけません。パソコンの画面で見る訳ですから、画面上のレイアウトも見やすくなるように送るもの礼儀の一つです。もちろん使用する文言についても、きちんとしたビジネス文書になっているかどうかも大切です。ただ問題はメールを見る時間は相手にゆだねるしかないという所です。急ぎの場合は電話を使うのが礼儀です。

ビジネスたち会話