ビジネス理論の情報

従業員満足のビジネス展開を 

ビジネスで大事な事はそこで働く「人」をどのように上手く活用するかではなかろうか。現状で非常に多いのが、会社から現実に見合わないノルマや厳しいルールを押し付けられる。それで数字とか成果が出ているのであれば会社的にはそれでヨシとなる。では、その仕事をした人、すなわち「従業員満足」が高いのかと言うと必ずしもそうではない。「やらされた」感が強いのである。それでは業務スキルも向上しないし、お客さまもその事を察知し提供されるサービスに満足してくださらない。ビジネスでは、いかに会社の業績を上げるかが重要視されるが、それを支える「人」、すなわち従業員が仕事に対して満足出来るようにする事が、最終的には会社の業績アップに直結するのである。

ビジネスのルールの種類について 

ビジネスのルールには幾つかのタイプがあると言えます。法的に定められた事はその1つであり、遵守が必須となるものです。更にはマナーで括られるものも該当すると言え、異なる個人や企業間で互いの業務を円滑にする上で守る事が推奨されるものと言えます。そしてもう1つの類型を挙げるとすれば、法に基づいた上での給与決定方法といった社内・組織内で定めるビジネスのルールが存在します。これについては組織毎の独自性も大いに反映されるものであり、それだけに如何にして制定・管理を行うかについては経営上の腕の見せ所になるものと捉える事が出来ます。

ビジネスたち会話